切れそうで切れない。日々の記録。切れたらおしまい。
蜘蛛の糸
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜘蛛の糸ってスゲェー!!
2006年 05月 24日 (水) 01:16 | 編集
 

やっぱり強いぞクモの糸 人間ぶら下げ、実験で証明

 芥川竜之介の「蜘蛛の糸」のように、人間がクモの糸で作 ったロープにぶら下がる?。
 大崎茂芳奈良県立医大教授(生体高分子学)は23日まで に、それが実際に可能なことを実験で確かめた。
 コガネグモ約100匹から3カ月かけて、太さ5マイクロ メートル(マイクロは100万分の1)の糸を採取。約1 9万本の束にして長さ約10センチ、太さ約4ミリのロー プを作り、ハンモックのつりひもの一部に使った。このハ ンモックに体重65キロの大崎教授が数分間乗ることがで きた。理論上は約600キロまで耐えられるという。
 使ったのは主に7種類あるクモの糸のうち、枝からぶら下 がる時に使う「けん引糸」。1本でクモの体重の約2倍の 重さに耐えられる。(共同通信) - 5月23日17時9分更新


クモの糸で人は持ち上がる - 写真も。読売新聞

素材が100%蜘蛛の糸ではないんですね。。。だけど例え一部であっても、細くてふわふわした蜘蛛の糸が使われて、人の重さに耐えられるなんてビックリです。

毛利元就か誰かは「1本の矢は容易く折れてしまうが、3本の矢を重ねる折ることは容易ではない」と言ったらしいですが、それは蜘蛛の糸にも当てはまったのですね。
力をあわせると思わぬ力を発揮するんだなぁ?( ゚Д゚) ムホー
スポンサーサイト
copyright (C) 蜘蛛の糸 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。