切れそうで切れない。日々の記録。切れたらおしまい。
蜘蛛の糸
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンディー様
2006年 07月 02日 (日) 21:15 | 編集
20060702211517
中学校は私立の女子校に通った。
通学にかかる時間は自宅から片道一時間半。
電車の中では行きも帰りも本をよく読んだ。
その時読んだ本の中で印象に残っているのが、ひょっこりひょうたん島である。
濃すぎる登場人物。次々起こる大問題。
ストーリーも登場人物も目まぐるしく動く。
一度読み出すと没入しちゃって、一駅乗り過ごしそうになったこともあったなぁ。

登場人物の中で私が一番好きなのがダンディー。
彼は殺し屋で無口。一見すると怖い人なんだけど、実はとても優しいのです。
どうやら私は中学生の頃から、こういう二面性のある人が好きだったようです(*Θ_Θ*)/
今再びひょっこりひょうたん島を読んだら、どんな感想を持つのかなぁ。
ちょっと気になる今日この頃。
写真は食玩でゲットしたダンディー様。
スポンサーサイト
独り言 | - | - |
copyright (C) 蜘蛛の糸 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。