切れそうで切れない。日々の記録。切れたらおしまい。
蜘蛛の糸
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二十話 『双子があけた扉』
2006年 08月 17日 (木) 20:38 | 編集

僕らはずっと二人で一つ
僕らは二人で唯一の存在
これはとても大切なこと

だけど僕らは別々の存在
僕じゃない方が光で
光じゃない方が僕
そのことは僕らにとって・・・


冒頭の馨の語りを書き出してみた。
今回のお話は結構シリアスな展開でした。
今までの話からホスト部に入部する前は双子が二人の世界に閉じこもってたというのは知っていたけど、まさかココまでヒドイとは!!
性格悪すぎでしょ??
双子の邪悪さと殿のナルシスぶりに、まるで梅とうなぎを一緒食べてるような・・・そんな食い合わせの悪さを感じてしまった。
だけど殿と出会って、二人が自ら別の世界に歩みだしていくっていうストーリーには少々感動しました。
ホスト部の面々が同じ時に同じ時計台を見ているというシーンも素敵です。
こうゆうシリアスなお話しの後には必ずといっていいほど今までの放送を見直したくなってくるのは何ででしょうか?
というわけで、今日は1話からまた鑑賞会ダッ!!


第二十話 『双子があけた扉』{あらすじ}は↓↓↓
≫ "第二十話 『双子があけた扉』" の続きを読む...
スポンサーサイト
copyright (C) 蜘蛛の糸 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。