切れそうで切れない。日々の記録。切れたらおしまい。
蜘蛛の糸
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終話 『これが俺たちの桜蘭祭』(1/2)
2006年 09月 28日 (木) 03:24 | 編集
とうとう終わってしまいました。
考えてみればこの半年間、このアニメを中心に1週間を過ごしていたように感じます。
私に多大な影響を与えたアニメが終わってしまって、私は今、
まさしく↓の殿状態。
12.jpg

桜蘭高校ホスト部は最後まで華麗で面白くて、本当に素敵なアニメでした。
2006年に私は桜蘭高校ホスト部を見て、楽しい時間を過ごし、暖かい気持ちになれたんだゾーーー!!!
ということを、記録に残しておきたいので、最後の感想を書くのはつらいけれど、少し書いてみます。


最終回だけあって、さすがに全体的にシリアスな雰囲気。
だけど、私はそんな雰囲気に飲まれまいと最初は頑張ってました。
だからハニー先輩に突き飛ばされる馨、モリ先輩の小脇に抱えられる光に爆笑していたのですが、そのすぐ後のハルヒのエッっていう声に、私もシリアスな雰囲気に見事に飲まれてしまいました。
この一言に借金返済完了・ホストを止めてもいいと告げられた時のハルヒの心情が表れていて、見てる私まで胸が痛くなりました。
――――こんな形で終わりたくない
これが残されたホスト部員全員の想いだったのでしょうね。
なのに殿ったら・・・馬鹿 バカ ばぁぁ?か!!!!
コホン。脱線してしまいました。先に進みましょう。
コレって私だけ??それとも、同じ事考えた馬鹿がいるのかなぁ?
エクレールのシャワーシーンで無駄にドキドキしてしまいました。
だって婚前交渉キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!って想ったんだもん。
冷静に考えればあ・り・え・な・い。
「あぁ、己の汚れが浮き彫りに?」ってジタバタしたいです。
そぅいえば、殿のおばぁちゃんも汚い人だよね。
おばぁちゃんの魂胆は、グラン トネール社と縁続きになって、須王家をより繁栄させようってものだったんだけど、そのために殿の素直さと殿のお母さんの問題という点につけこんだんだから(`Д´)許せん!!
その頃、殿は・・・
4.jpg

暗いです。
こんな殿見たくないよぉ(´;ω;`)ウッ…
殿はフランスに帰ることを決めてしまったのです。
シマさん曰く、
・須王家が殿のお母さんの事を許したので、晴れてお母さんと会える
・これ以上ホスト部のみんなに迷惑をかけられない
という理由だそうな。
3-1.jpg

お母さんと会えるのに、ホスト部員に迷惑かけずに済むのに、
殿は何でそんな悲しい顔をしているの?

アニメの中に入って殿にこう問いたいですね。
本当に殿は・・・馬鹿 バカ ばぁぁ?か!!!!
でも、馬鹿だからカワイイんですよね。
またまた脱線してしまいました。
フランスへ発とうとする殿を追いかけようとするホスト部員。
彼らの前に刺客が立ちはだかる!
それは、鳳家のプライベート ポリス!!!!!
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!
もうこれまでか!?という時にハニー先輩とモリ先輩が馬車で登場!!!
キタァァァ(゚∀゚)ァ( ゚∀)ァ( ゚)ァ( )ァ(` )ハァ(Д`)ハァ(;´Д`)ハァハァ
光・馨・ハルヒを馬車で先に行かせ、プライベートポリスを食い止めるハニー先輩とモリ先輩。
1-1.jpg

ハニー「崇 ちゃんと手加減しろよ!!」
モリ「分かっている」
(( ´∀`)=○)`ω゜)・;'.、
やられました。
黒ハニー最高です。
最後に拝めてよかった?・゜゜・.(/□\*).・゜゜・

一方、裏山のバイパスを爆走する馬車は・・・。


長くなってしまったので 続きは

コチラ:最終話 『これが俺たちの桜蘭祭』(2/2) 




最終話 『これが俺たちの桜蘭祭』【あらすじ】は↓↓↓
最終話 『これが俺たちの桜蘭祭』【あらすじ】


環が消えた。エクレールとの婚約を発表し、ホスト部の解散を宣言した後、
環はホスト部にいっさい姿を見せなくなったのだ。
それは全て、母のため、そしてホスト部員たちのためだった。
ハルヒは初めて、環の家庭の事情を知る。
家の事情で離れ離れに暮らす環と母親。
母親の消息は分からなくなり、
もう二度と環は母親と会うことができないかもしれないという。
母親と会えない哀しさは、ハルヒもよく知っていた。
だが、ハルヒはもうホスト部に関わる必要がなかった。
エクレールを接客したことで、借金がチャラになり自由の身となったのだ。
それでも、このまま終わりにすることはできないとハルヒは思う。
その頃、環はエクレールとともにフランスに発つ決意をしていた。
部員たちは環を追いかける。
これまでクールなポジションにいたハルヒも、
なりふり構わず環を追いかけていく。

そして――。
スポンサーサイト
copyright (C) 蜘蛛の糸 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。