切れそうで切れない。日々の記録。切れたらおしまい。
蜘蛛の糸
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偽 大場つぐみのあがき
2006年 11月 07日 (火) 22:42 | 編集
噤の創作日和
上記のblogが炎上中!
デスノートの原作者・大場つぐみを名乗る管理人。
しかし、blogが更新されるたびに明らかになる不審点。
この大場つぐみは本物なのか?偽者なのか?(ほとんどの人が偽者だと思っていたでしょうが・・・(・ε・;)
今日、その真相が明らかになった!!
詳しいまとめはコチラ
www.J-DEATHNOTE.com

「DEATH NOTE」読者の皆様へ

「DEATH NOTE原作者の大場つぐみを騙ったブログがネットに上に存在していますが、
これは、大場つぐみ先生、小畑健先生、「DEATH NOTE」、週刊少年ジャンプ編集部とは、 まったく関係ありません。ブログに書かれている「DEATH NOTE」に関する内容も、 事実と異なっております。
大場先生、ならびに小畑先生が、ネット上において、「DEATH NOTE」の漫画・映画・アニメの 公式ページ以外でコメント等を発表する事はありません。読者の皆様には誤解のなきよう、 よろしくお願いいたします。

週間少年ジャンプ編集部


公式発表キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
これでblogの「偽 大場つぐみ」も観念するだろうと思いきや!!
新たな伝説が今始まる・・・。
噤の創作日和


【集英社が】デスノート大場つぐみの偽者【削除依頼】より転載(一部改変)

8月中旬、デスノートの非公式ファンサイトのひとつに福島OCNの回線で「大場つぐみ」のHNで書き込み。
そのサイトのほとんどの人間に「偽者」と罵倒される。
メールアドレスが記載されていたので住人の一人がメールで確認9月頃に返信があり、その正体は大場の親戚で、 大場の応援のために勝手にやったとの事。
ファンサイトに混乱を引き起こした事を謝罪しつつ大場つぐみ名義のブログ「噤の創作日和」を紹介する。
このブログ管理人の、スレにおける主な呼び名は→偽大場/大婆 など

デスノート設定資料集13巻が発売されたが、その内容とブログの内容(ネーミング秘話やキャラ設定など)がほとんど異なる。
指摘を受けると「集英社に捏造された」発言をする。
ソース↓キャッシュ
http://megalodon.jp/?url=http://originalstorymaker.de-blog.jp/farcloss/2006/10/post_3da0.html&date=20061031175453
その後批判コメントなどを削除↓キャッシュ
http://megalodon.jp/?url=http://originalstorymaker.de-blog.jp/farcloss/2006/10/post_3da0.html&date=20061106084501

2006/10/19の日記において槇原の作曲したケミストリー新曲が盗作であると非難、さらに過去の作品も盗作であると発言オチスレ内からこのブログ主→偽大場のふるまいは限度を超えているとして憤怒するものが別スレ立てを提案
集英社に具体的行動を取らせることを目的として2006/10/31アニメマンガ速報にスレが立つ

その後疑念のコメントが多く書き込まれるようになり、証拠として13巻によれば既に大場氏本人の手許にあるはずの
小畑氏リトグラフの画像アップを要求されるが応じず、妙な言い訳を重ね「もらっていない」と発言 
2006/11/1にニュー速板にもスレが立つ
ネームの公開を要求するも理由をつけて拒否し続けたが突如2006/11/4日記にてネームととも呼べないプロットらしきものを「ネーム」と称して公開(以下の画像)がアップされるが一晩で日記ごと削除する。
http://gareki.ddo.jp/ki/ki/ki_7865.jpg 【リンク切れ】
http://gareki.ddo.jp/ki/ki/ki_7864.jpg 【リンク切れ】
http://gareki.ddo.jp/ki/ki/ki_7863.jpg 【リンク切れ】

比較13巻掲載公式ネーム画像
ttp://para-site.net/up/data/15441.jpg

その後※欄にデスノート担当であったジャンプ編集部吉田氏に
面識があるという「ちーた」が現れ吉田氏についていくつか大婆に質問をする。
それに対する大婆の答↓
>
吉田幸司さんへ
>質問の答え

>吉田氏はフリーサイズの大きな赤いルビーの指輪をしている。(シトリンとかじゃなぁですよね。いろの記憶がちょっと曖昧です)石は四角いちょっと縦長に見えた。
>指の付け根側に巻きつくような形。かなり特徴的な指輪は、恋人時代に奥様がプレゼントしてくれたそうで、他の指輪は取り替えても、その一品だけは常に身に付けている。
> たしか、中指。

>手帳は確か、黒っぽいごつめのではなかったですか。甲殻機動隊の愉快犯の使ったキャップを被ったニコちゃんマークを真似たような、特注の吉田さんマークを着けている。
>名刺にもこのマークを付けていて、密かに女子高生に広めたいという野望を心のうちに秘めているとかいないとか。

>年賀状ですけど、大場の家の郵便受けは盗難に合いやすくて困っているって、伝えてありましたよね。
>ハガキで送ったんですか。届かないはずです。
> 年賀状とか、殆ど届かないんです。郵便局に届け出して対処して頂いていますがダメなんです。

>大変ご迷惑をお掛けして居ますが、すみません。吉田さんの身長は160cmぐらいですよね。

チータの回答↓

> やはり気になって書き込みにきました。遅くなってすみません。(まさか返答がしてあるとは…笑)

>吉田さんの身長の質問が160cmか180cmかと二択にしたのは、一目瞭然だからです。
>彼を見て、160cmっていう人はまずいないかと…。
>180cmを超えています。間違えることはないくらい背の高い方です。
>やっぱりブログの主は偽者だったんですね。

>指輪に色物はつけていません。すべてシルバー系(ついている色は黒程度)です。
>色があるかなんて見ればわかります。

>手帳の質問は意外にひっかかりませんでしたね。レインボーとか言ったら面白かったのに。
>黒です。小さめの手帳ですが、びっくりするくらい膨らんでいます。

>名刺もひっかけです。マークなんて何もついていません笑。

>偽者と分かったので、事態が大きくなる前に管理者はブログを閉鎖したほうが良いかと思います。

投稿 ちーた | 2006/11/05 09:12

吉田氏本人集英社公式画像
http://www.shueisha.co.jp/saiyo/2001/profile/14.html
http://jump.shueisha.co.jp/CGI/diary/disp.cgi?seq=00000018

2006/10/14 13巻の内容が一致しないということで偽者断定され 2ちゃんねるにヲチスレが立つ

集英社への電話とその報告が相次ぐ、集英社によれば騒ぎが大きくなれば対応も考えるということがわかり
さらに電話数が増えたと思われる スレ内に大婆本人のカキコとも思われるような妨害意見のカキコも現れる

2006/11/05 ニュー速板のスレが過去ログオチになる 
キャッシュ→http://2ch.pop.tc/log/06/11/05/1858/1162356863.html
同日深夜 2006/11/05 22:57 まとめてコメント返信します の日記コメントでデスノート原作者『大場つぐみ』です。
という書き込みがされ、リンク先の携帯で撮ったと思われる画像が例の小畑氏のリトグラフではないかとスレ内で騒ぎになる
日付が変わる頃に削除される
↓(改行削除)
えーっと。
デスノート原作者『大場つぐみ』です。
その点よろしくお願い致します、管理人さま。
http://user.ftth100.com/log/up/log/952.jpg 【リンク切れ】
投稿 O-BA | 2006/11/05 22:57  キャッシュ↓
http://megalodon.jp/?url=http://originalstorymaker.de-blog.jp/farcloss/2006/11/post_66e9.html&date=20061105230415
しかしその後1時間ほどコメント欄に本物の大場つぐみでは?のコメントやどうして消去したのか?などのコメントが
数分単位で書かれ。消されを繰り返す 削除コメントを記録したキャッシュ一覧↓
http://megalodon.jp/?url=http%3A%2F%2Foriginalstorymaker.de-blog.jp%2Ffarcloss%2F2006%2F11%2Fpost_66e9.html&go=%E5%8F%96%E5%BE%97

2006/11/06(月) 01:10ごろ 突然親戚名義で日記がUPされる↓キャッシュ
http://megalodon.jp/?url=http://originalstorymaker.de-blog.jp/farcloss/2006/11/post_4e61.html&date=20061106011112
その日記も同じように議論コメントで埋め尽くされ、削除されるを繰り返す
削除コメントを記録したキャッシュ一覧↓
http://megalodon.jp/?url=http%3A%2F%2Foriginalstorymaker.de-blog.jp%2Ffarcloss%2F2006%2F11%2Fpost_4e61.html&go=%E5%8F%96%E5%BE%97
スポンサーサイト
copyright (C) 蜘蛛の糸 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。